みなさんこんにちは、WRMのがねです。


今回は、手首に巻くだけで上達??

AXF アクセフが実際にどのような効果が
粒高プレーヤーに効くのか深堀していきたいと思います。


https://youtu.be/Bpy-jcGece4?list=PLmigB0unuYOtXA6PX8-LL-FKsG1WKTL96

9:19~13:08まで
自分がプレーしているので守備的な技術や粒高での技術が含まれているシーンです。


アクセフをつけるとどのように変わったのか・・・

①体がビクつかなくなった気がする (ブロックの安定感が増大)
裏ソフトのブロックシーンと粒高で強打を止めるシーン両方に言えることなのですが、
肩に無駄な力がはいらなくなった印象です。

実際に装着前と後では、力を入れなくて簡単に止めれた印象があります。

カットマンや前陣ブロック型によくあることですが、
肩に力が入り止めれないということが非常に多いです。

体に無駄な力が入らないことで
ブロック技術やボールタッチの向上が期待できます。


②体の動き出しが速くなる気がする (レシーブや全面での反応が早くなる)
レシーブシーンでも明らかに変わっていたと思うのですが、
動き出すのが速くなりレシーブミスもすごく減りました。

足が軽くなり前よりもジタバタ足を動かさないで、
レシーブや試合をすることができる印象です。

動き出しが速いことで、ミスタッチが減る・技術の再現性が高くなることが期待できます。


他にも卓球の技術以外で視界がいつもより明るくなったと感じたり
疲れが溜まりにくくなっているような印象を受けましたが、


今回は粒高プレーヤーにどのように左右するのかを紹介するので
省かせて頂きます。


もちろん個人差もあると思いますが、
粒高プレーヤー・ブロック型のプレーヤーには非常に重要なアイテムに
今後なるのではないかと思っています。