皆さんこんにちは、WRMのがねです。

今回は、カールP-1R【TSP】とGrass D.TecS【TIBHAR】を比較してみました。


DSC_0502




現状自分が考える、一番売れてるラバー同士での比較です。


粒高選手であれば、どちらも1度は使わなくてはならない2つのラバーを比較します。




粒の硬さ グラス>カール
上記のようにグラス>カールにしていますが、それほど硬さの違いは感じません。
見た目だとグラスの方が粒が硬そうに見えるのですが・・
テンションがかかっていることもあり柔らかく感じるのかもしれません。


弾道の高さ グラス>カール 
グラスは、低くて速い カールは、高めで失速する
グラスの低くて速いは、他の粒にはない性能の高さだと思います。
カールは弾道が高いので、ボールが遅くて取りにくいと感じたり、ブチっと切る時に扱いやすく感じます。 


飛距離 グラス>カール
グラスの方が飛距離が出て相手が球が深いと感じてくれやすいです。
P-1も想像以上に飛距離がでて正直びっくりという感じでした。


球足の速さ グラス>カール 
グラスは、テンション カールは、低弾性ということもあり、
グラスの方が圧倒的に球足の速さありです。他のラバーと比べてもかなり速いです。
球の早さ+変化=グラス
球の遅さ+変化=P-1
変化も速さのある変化と遅さのある変化どちらが嫌いなのかは、相手によって異なると思います。


レシーブ時の回転影響を受けにくい カール>グラス
回転の影響は、それほど比べても大きく影響しないと感じたのですが、
グラスはテンションラバーということもあり、
慣れるまでコントロールしにくいと感じてしまうラバーです。


揺れる・回転の残しやすさ グラス=カール
どちらもかなり揺れる回転が残るラバーですが、
球の早さ+変化=グラス
球の遅さ+変化=P-1
どちらが欲しいのかという感じになりそうです。


攻撃技術全般


打ちやすさ(ミート) グラス=カール
どちらもやりやすいとは言えないです。
ですが、グラスの方が球はテンションが掛かっている分速くなる感じがします。
コートにある程度入れるだけならP-1の方が良いかも・・


打ちやすさ(ドライブ) カール>グラス
カールの方が飛ばない弧線が作りやすいこの2つの理由からやりやすいです。
ですが、どちらもうちやすいラバーというよりは
止めたり変化させたりするラバーなのであまり攻撃の部分では期待できないです。


プッシュのやりやすさ カール=グラス
これに関しては個人的な意見としては、P-1がやりやすい気がしました。
弾まないものでしっかり打つというのが個人的に得意だからだと思います。
弱い力で速い球を生み出す場合は、グラスがオススメです。


ブロック技術全般


スピン反転(当てただけ) グラス>カール 
当てただけの反転量は、どちらもあるのですが、グラスの方が多く感じます。
ほとんど同じかもしれないですが、球足の速さがグラスの方があるので、
体感的に速い切れてるは、返球しにくいようです。


スピン反転(切った時) カール>グラス 
切ったときの反転量はカールの方があるように感じました。
弾まないこともあり、簡単に切りやすいと感じます。
切る切らないを分けて使える良さがP-1にはあります。


軽打に対する強さ グラス>カール
弾道がグラスの方が低いので、軽打に対する安定感や速さで詰めたりすることが
かなり簡単になっています。
グラスの良いところがかなり出てくれる気がします。


強打に対する強さ カール>グラス
低弾性で良く切れるので、強打を止めた時のスピン反転率や止まり方が
非常に相手が打ちにくく感じてくれるようです。


まとめ
簡単いまとめるとどちらも良いラバーです。
性能が全然違うものどうしなので、
そのプレーヤーにあったものを選んでほしいかなというイメージです。

グラス
強打を打たさないような戦術をとりやすく、テンションが掛かっているのでラリー展開も早いです。
早い段階で相手を崩したり、打たせないようにしながら相手のミスを誘いたいという人におすすめです。


P-1
低弾性なので強打に強く、変化量も大きいラバー
強打を止めたり、相手が入れに来た球を手前に落としたりしやすいので、
前後左右に揺さぶって得点できるラバーです。
なので粘り勝ちする方にもおすすめ。
比較的オーソドックスな粒高ラバーとも言えます。
スキルが上がれば上がるほど、自分で色々な技術を使えるので、
このようなラバーを使うようになってくるかと思います。


是非参考にしてみてください。