みなさんこんにちは、WRMのがねです。


今回は、この2日間宮城県に行った感想を書きたいと思います。


DSC_0391



1セットマッチなどを主にしたのですが、やっぱりサーブ・レシーブが超大切だなと感じました。


何ならサーブ・レシーブ上手くできれば、1発強打なども無くては良いのではないか・・・
(もちろんそんな訳にはいかないのですが・・・)


卓球の試合が始まる上で、スタートする場所がサーブ・レシーブですよね・・・


このスタートダッシュをどれだけうまくきれるのか・・・


なんならどんだけフライングしてスタートするかが勝負のカギですよね(笑)
せこい考え方ですがw


フライングできれば、遅くても勝てる可能性があるので、
どれだけフライングできるのかが大切なんだな・・・と思いました。


個人的な課題なのですが、サーブからはそれなりに努力したり工夫をしてるから、
フライングはできる!!

レシーブからは、ただ入れることが粒なのでできるのですが・・・
それをすることでフライングされたと感じる人もいれば、感じない選手も出てきます。

あるレベルを超えるとただ入れるだけでは、フライングしたことにならないので、
そのレベルが来た場合の対処というのが、今後の大きな課題だなと思いました。


もっとサーブを鍛えて、サーブ側で確実に得点するのか・レシーブでもう少しフライングしたと感じるようにレシーブするのか??


どちらも必要ですが、試合の入りの部分を極めることが試合で
ただ勝ちたいだけなのであれば練習しておくことが重要ではないかと感じました。


特に練習時間がない人には、やることがサーブとレシーブだけになるので、簡単でいい気がします。


楽しいか楽しくないかは、別ですがww


少しでも参考になれば幸いです。ありがとうございました。