こんばんはWRMがねです。


ペン粒からシェイクバック粒を使って大きな違いを感じたので書きたいと思います。


DSC_0715




大きな違いとはなにかというと・・・
身体の動かし方がバックで捉えるときに違うということです。


バックで捉えるときの動きと言っても、
フォアを意識しながらバックを使わないといけないときです。


ここからは、右利き前提でお話しさせていただきます。

ペンツブの場合
ペンツブは、フォアを意識しているので、バックに飛んで来ると
右から左に流れるような動きでバックに移行できます。この時にバックの面が安定して出しやすいです。


シェイクバック粒の場合
シェイクバック粒は、フォアを意識しているので、バックに飛んで来ると
右から左に流れるような動きでバックで捉えるのではなく、右から左に重心を移してから打つという動きになります。



この2つを比べると、シェイクバック粒の方が止めるという部分だけの話をすると不利になってしまうのではないか・・・と自分は感じてしまいました。
シェイクバック粒では左右の判断をしっかり行えていないとブロックが安定しないということです。


ですが、シェイクバック粒はナックルや上回転のボールを、バックドライブで打つような形のスイングができます。


シェイクバック粒は左右の判断をしっかりできないといけませんが、止めれる構えになっていれば、上回転でも下回転でもナックルでも色々な回転を出すことが可能です。


体制が整っていない状態にならないようにシェイクバック粒は、
試合を運ぶ工夫が必要です。


工夫としては、逃げていくような横回転の入った返球をしたり、コースを厳しくする方法があります。


少しでも参考になれば幸いです。
ありがとうございました。