『いさん』のコメントにお返ししたいと思います。

DSC_0715



質問
ペン粒で全日本に出場されていた小島渡選手や、シェークバック粒で日本代表になった福岡春菜さんのように、上級者相手にイボで戦う選手ほどラケットを動かす技術を多用されているのは何故でしょうか?


なぜ上級者はラケットを動かすの?という質問なのですが、
自分が考える上級者がラケットを動かす理由は


①自分自身に余裕があるから様々な球種を使っている
余裕があることで前後だけでなく左右や様々な回転を出して相手に簡単に慣れられないようにしている。

強烈な回転でカット性ショートなどをすることで相手の強打やコース取りを制御することも可能です。


②動かすことでボールが深くなる
ラケットをスイングすることで相手を後ろに下げたり詰まらせることができる。
ボールが深いことで強打をさせないようにしたり、コースの限定に使っています。


③動かすことで球の球威が上がる
ラケットを動かすことで回転量を増やしているだけでなく球威を上げることで相手に強打を打たせないようにしたりコース取りを限定しています。


相手の行動を制御するために上級者は、ラケットを動かしているんだと思います。


行動を制御するというのは、
強打を打たせない・コースを厳しく狙えない


上級者であれば上記の2つの内のどちらかで制御することができれば、さらにラケットを大きく動かして相手に対して大きな負荷をかけていきミスを誘ったりチャンスボールにして攻撃して押しきるという展開に安定して持っていくことが可能です。


中級者くらいであれば、常にラケットを動かすことはリスクになってしまってミスが増えたりするので動かさないで我慢して余裕があるからスイングをして得点するもしくはチャンスボールにして攻撃するというのがリスクなく得点する方法だと考えています。


相手のレベルによっては、自分が中級者であっても相手が格上でラケットをどうしても動かさないといけないケースもあると思います。


少しでも参考になれば幸いです。
ありがとうございました。