こんばんは、WRMのがねです。




今回は、粒に逢わないラケットとはなにかというお題でやっていきたいとおもいます。


DSC_0712




では自分が一番逢わないと感じてしまうラケットの性質はどんなものかというと…



飛距離が出てしまうラケットです。




逆に飛距離さえ出なければ、柔らかいタイプのラケットでも硬いタイプのラケットもアリだと思っています。


なんならカーボンなどが入ってしまったりしていてもOKだと考えています。


ではなぜ飛距離が出るラケットはダメなのかというと、飛距離が出るラケット=遠くまで飛んでいくラケットなのでペン粒や前陣異質タイプのシェイクには必要ない部分ですよね。


前陣異質=前で卓球をする『変化をつける』なので遠くまで飛んでいってしまうラケットは駄目です。


ではカーボンなどはスピン反転とかしなくなるのにいいのかよと思うかもしれませんが、その代わり球のスピードが速くなるからそれを求めてるのであればいいんじゃないと思います。


ちなみにそのような
カーボンで飛距離が出ないラケットは、
現在自分が使っている王道03というラケットなどです。


柔らかいタイプのラケットは、
ボールをしっかり持ってくれるのでブチ切りなどがめちゃくちゃやりやすいラケットになっています。
そのようなラケットと言えば極守Ⅱなどです。


硬いタイプのラケットは、
表面の板が硬いことで、スイングをあまりしなくてもスピン反転の能力が上がりやすいようなタイプのラケットになります。
そのようなラケットは幻守です。


なので今回紹介した飛距離が出ないラケットを前陣異質の選手には使ってほしいと思います。


硬いラケットなど細かいことは、
どんな戦型かタイプかによってかわりますが、
飛距離に注意してラケットを選んでもらいたいと思います。


少しでも参考になれば幸いです。
ありがとうございました。