みなさんこんにちは、WRMのがねです。


今回は、ラザンターV47の2.0mmについて紹介したいと思います。


実はULTRMAXも使わせていただいたのですが、
前陣の選手には少し難しいのかな・・と自分は感じました。


なぜかというと球は走るし回転もかかって高性能なのですが、
少し飛距離が出るな~という感じがしました。


もちろん技術があって、飛距離を抑えることができるのであれば、
間違いなくULTRMAXを使いたいですね!!


そこまでの技術がないという方で前陣の方は、
ラザンターR・Vにかかわらず2.0mmが個人的にお勧めです。


では、次にラザンターV47の2.0mmとエボリューション EL‐Pの2.1mmを比較したいと思います。

DSC_0603




攻撃技術  EL‐P=V47
どちらにも良さを感じます。
V47では、シートの薄さによるドライブの安定性と
食い込みやすくなったシートの球の速さが魅力的ですし、
EL‐Pには、体勢が整った時の威力や良い意味で
オートマチック差の無さにより緩急などが非常につけやすいラバーだと感じます。


ドライブの回転量  EL‐P>V47

しっかりと打った場合の回転量や球の質は、EL‐Pに良さを感じました。
厚みが2.1ということも関係しているのかもしれません。


弱いタッチでのドライブ  V47>EL‐P
シートが薄くなったことで簡単に回転をかけれるようになったように感じます。
飛びつきや詰まった時のドライブはV47が非常に扱いやすいです。


フラット打ちのやりやすさ  EL‐P>V47
シートがしっかりしているので、フラット打ちやスマッシュはEL‐Pの方がやりやすいです。
球の走りだけで言うとV47が早いですが・・・


守備系技術  EL‐P=V47

V47の方が球が早いのでショートの速さは魅力的なのですが、
EL‐Pの方が球に速さはないですが相手の回転に対しても少し左右されにくいラバーになっています。


ブロックの安定性  EL‐P>V47

回転に左右されにくいのでやはりEL‐Pがおすすめです。


ブロックの鋭さ  V47>EL‐P
V47の方が低く球の速度も速いです。
1発のブロックでなんとかしたい崩したいという方におすすめ


ツッツキのやりやすさ   V47>EL‐P
回転もかけやすくなっているし、低くでるので安定感も鋭さも感じることが出来ます。
打たせたいという方には良いですね。


緩急での振り回し  EL‐P>V47
押す・押さないで明らかに球の質が変わり緩急がつけやすかったり、
ナックルなども出しやすいです。


カウンター技術   V47>EL‐P
オートマチックに回転がかかるので、カウンターなどが安定しやすく
前中陣からの盛り返しなどは、非常にやりやすいです。


まとめ

個人的には、シェイクのバックハンドにおすすめです。
なぜかというとピッチが早くなっても着いていきやすいし回転をかける作業もやりやすい。


ペンホルダーだとオートマチックに球が走ることで間に合わなくなってしまい
自分がきつくなってしまったり、回転を食らいたくない時に
どうしょうもできなかったりということが起こりやすいです。


もちろん技術力が高かったり対応できるだけの運動量があれば問題はないと思います。
むしろV47がおすすめです。


技術力があればV47なければEL‐Pというのがわかりやすいかと思います。


技術力がある選手の中でもピッチを早くしない選手は、
EL‐Pなどを使うことももちろんありだと思いますし、
先手必勝で先に崩すことをできると考えるならV47という感じ 


どちらが良いというよりどちらがあっているのか何をしていきたいのかを決めて選ぶことが
重要なラバーだと感じます。


少しでも参考になれば幸いです。
ありがとうございました。