こんにちはWRMのがねです。


今回は、ペン粒選手が裏面を振る難しさを紹介したいと思います。


現在練習でかなり裏面を振れるけど試合ではなかなか振れない・・・
という方がこれを読んでいる方の中にもいられると思います。


自分が感じるペン粒選手が裏面を振るときの
最大の難しさはなんなのかというと・・・

「立ち位置」 です。

立ち位置くらいと感じている方もいると思うのですが、
この立ち位置がとても重要です。

DSC_0400


裏面を覚えていく段階でたくさん裏面を振る練習をしたと思うのですが、
この練習をしてる間に裏面を振りやすい立ち位置を見つけてしまうのです・・・


この裏面を振りやすい位置も個人で変わると思いますが、
この位置がもし粒高でショートする位置と違う場合はかなり危険です。


例えば、後ろで振りやすいということは、
裏面と粒を使う時に同じ場所で試合をできないということになります。


後ろに下がればできるし良いと思うかもしれないですが、
もしフォア側に返されて打点を下げなければならない状況になれば最悪ですよね・・


なので、裏面をペン粒選手が振る時に注意する点は、
この立ち位置が一番大事だと思います。


せっかく覚えた裏面も立ち位置が違えばなかなか使う機会がなくなってしまったり、
効率の悪い練習になってしまうので、この立ち位置は必ず意識しながら練習してほしいと思います。


少しでも参考になれば幸いです。