めるさんの質問にお答えしたいと思います。


ペン粒の子を教えたりしてるのですが、ラリー中に甘い球が来た時等に
裏ソフトでの攻撃(反転、裏面共に)が間に合わないと言う子が結構居ます。 

もちろん反転や個々の技術自体は卒なくこなします。
私は「球が飛んできてから判断して裏ソフトへスイッチするのは時間が足りないから自分の打球で次の球が打てるかどうか判断してね」って言っていますが、がねさんは粒で受けている状態から裏ソフトでの攻撃へスイッチする際のトリガーみたいのってありますか?
ここに差し込んだら次は裏面使う、のような。ちょっと気になりましたのでご意見いただけたらと思います。


↑↑↑この質問なんですが、非常に大事なことだと思います。


これに気が付けていないと正直
裏面を使ったり裏ラバーでの反転技術は使うことは、ほぼ不可能だと思います。


結論から言うとめるさんの言う通り「
攻撃へスイッチする際のトリガー」が存在します。


自分の中でのトリガーは、自分が質の高い球を送った時です。


質の高い球とは・・・『厳しいコースに打った・威力のあるプッシュをした・ブチ切りのブロックを出したなど』


質の高い球を出すことで何が起こるのか・・・『相手の行動をコントロールすることが出来る』


例えば、『ブチ切りブロックをすることで⇒ツッツキでしか返球出来なかったり』・『威力のあるプッシュを打った場合は⇒高めに返球されやすかったり』・『
厳しいコースに打った場合⇒クロス待ちができたり

と様々なトリガーが存在していてその中で、
威力のあるプッシュを打てた⇒高めに返球されやすい裏面を使える!!!という感じです。


このトリガーを引くことが出来ていない状態で裏面を使えるという人は、
裏面を使おうと思った時にどの球が来ても返球できるということです。

ドライブ・ブロック・ツッツキ全てが出来ないとそのようなことは不可能です。


ですので、まずは
質の高い球を出す⇒行動が限定されるので、事前に何をするのか決めておく⇒実際に行動という形になります。


これを頭に入れておくことで、裏面を使ったり、反転プレーがスムーズに出来るようになるので、
是非みなさん一度試してみてください。


少しでも参考になれば幸いです。
ありがとうございました。